多様性と境界に関する対話と表現の研究所

アートカウンシル東京

resized_DSC02560

【開催報告】「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」第4回

2016年07月22日

7月15日、「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」の第4回を実施しました。 今回のテーマは<考えを展開し、組み立てる>。 以下の流れですすめました。 1)課題発表  伝えたいことを、「大テーマと、それを支える3つの中テーマ

続きを読む

unnamed

【週報】にゅ~盆踊り、サイクルの節目ごとに振り返る

2016年07月17日

池袋の西口公園ではにゅ~盆踊りが開催されていて、多くの参加者で賑わっていました。他にも夏祭りや花火大会など、各所で行われるのが楽しみな季節になってきましたね。 毎年恒例の催し事があると、「ああもうそんな季節か」と思わされ

続きを読む

karuta-82_5524

【週報】経験の断片を交換しあう:もやもやフィールドワーク調査編から

2016年07月13日

蒸し暑い日が続く、7月。いかがお過ごしですか。 少し前のことになりますが、先日、「もやもやフィールドワーク・調査編」に参加してくださる、チームメンバーのお一人、梅津正史さんと打ち合わせをしてきました。梅津さんは、東京藝術

続きを読む

DSC02509 (1)

【開催報告】「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」第3回

2016年07月05日

7月1日に、「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」の第3回を実施しました。 今回のテーマは<広げ深める言葉を見つける>。 以下の流れですすめました。 1)課題発表(「だれに」伝えるか。「だれに」を考えて、問いのかたちが変わ

続きを読む

DSC02481

【開催報告】「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」第2回

2016年07月04日

6月24日(金)、「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」の第2回を開催しました。 今回のテーマは、<伝えるべき相手を考える>。これからつむいでいく言葉は、いったい誰に向けて発せられるものなのか、ということについて考えました

続きを読む

【週報】アクションリサーチ:共に研究すること

2016年06月23日

「もやもやフィールドワーク 調査編」、準備が進んでいます。 今年度の「調査編」は、昨年度までのような、ある実践が既になされている場に1~2回程度赴いて、その場に居合わせ、時に参加し、関係者の方にインタビューをさせていただ

続きを読む

resized_DSC02450

【開催報告】「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」第1回

2016年06月19日

6月3日、今年度の新たな試みである「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」の第1回を開催しました。 「現場から言葉をつむぐ ゼミナール」は、ケア、アート、教育、地域、家庭や職場などの多様な人々が関わり合う分野で、参加者自身が

続きを読む

13087925_534337863419988_3734213958834366947_n

【週報】総会をおえて:いまに軸足をおきつつ、未来について考える

2016年06月07日

6月5日(日)は、NPO法人多様性と境界に関する対話と表現の研究所の、通常総会でした。 福岡からのスカイプ参加も含め、8名の会員が集いました。 主な議題は、平成27年度の事業報告・決算報告と、平成28年度の事業計画・収支

続きを読む

20160512_112554

【週報】もやもやフィールドワーク調査編、始動しました!

2016年06月02日

東京迂回路研究、今年度も徐々に動き出しております。 先日5/26には、「もやもやフィールドワーク 報告と対話編 第11回」を実施。 今週末には、今年度から新たに開催する「現場から言葉を紡ぐゼミナール」がスタートします。

続きを読む

DSC02407

【開催報告】もやもやフィールドワーク 報告と対話編 第11回

5月26日、今年度1回目、通算11回目となる「もやもやフィールドワーク 報告と対話編」を開催しました。 報告テーマは、「「JOURNAL 東京迂回路研究 2」について」。昨年度の活動を経て発行した「JOURNAL 東京迂

続きを読む