多様性と境界に関する対話と表現の研究所

アートカウンシル東京

【週報】JOURNAL 東京迂回路研究 3、発行しました!

2017年03月20日

先日、ついに「JOURNAL 東京迂回路研究 3」が、完成しました!

「東京迂回路研究」のジャーナル、3号目。
前号より、すこしボリュームアップしての発行となりました。

7601

昨年末からの執筆、編集作業。
今年は、ジャーナル発行記念イベントも予定していたため、
果たしてイベントに間に合うだろうか・・・と不安になったときもありましたが、
なんとか1冊のかたちにまとめることができました。

今号は、これまで同様、研究所員だけでなく、この1年間の活動に参加してくださった皆様からも寄稿いただいています。
これは、「東京迂回路研究」というプロジェクトにおいては、とても重要なことだと考えています。

私たちが目指してきたのは、多様な人、それぞれが、それぞれのままに、互いを活かしあって創造していく社会。

いろいろな人の実践や経験や視点が、また別の人々にヒントを与え、新たな道が生まれていく社会。

ささやかながら誌面でも、そうした状況をつくれればと考えています。
ご協力くださったみなさま、ありがとうございました。

「JOURNAL 東京迂回路研究 3」、ぜひ多くの方に、ご覧いただきたい、手にとっていただきたいです。
そしてお時間ありましたら、ぜひ感想をお聞かせください。
それがまた、私たちにとって、新たな道への道標になると思っています。

*「JOURNAL 東京迂回路研究 3」は、下記のウェブページより全編ダウンロードしていただけます。
また、送料をご負担いただくかたちになりますが、ご希望の方には配布しています(配布受付は2017年3月31日まで)。
よろしければ、下記ページの「お申し込みフォーム」よりお申し込みください。
お待ちしています。
http://www.diver-sion.org/tokyo/program/journal3/

(井尻貴子)