多様性と境界に関する対話と表現の研究所

アートカウンシル東京

【週報】来た道と、行く道:齋藤陽道さんとの打ち合わせ、NPO法人総会

2015年06月15日

こんにちは、スタッフの三宅です。
今週は、私たちが「東京迂回路研究」で辿ってきた道をふりかえり、これから歩もうとする道に思いを馳せるような、二つのことがありました。

一つは、写真家の齋藤陽道さんとの打ち合わせ。
齋藤さんは、「JOURNAL 東京迂回路研究 1」の巻頭ページで、千葉県木更津市にある宅老所「井戸端げんき」の写真を撮ってくださいました。私たちがもやもやフィールドワークで訪れた際にすっかり魅了されたその場の空気感や、人と人とが互いの存在を許し合いながら共にいる姿が、見事に映し出されています。
アウトドアっぽい帽子にサンダル履き、少年のようないでたちで現れた齋藤さん。打ち合わせは、筆談を中心に、身振り、声での会話を交えて行います。この様子がとても面白いのです。文字を書くスピードや大きさ、位置、筆圧、クセ、互いのテンポや感情のニュアンス、間…。それぞれ片手にペンを持ち、お互いが紙に言葉を書き込んでいく有様は、まさに「書く即興対話」。打ち合わせ後に残るメモも、手書きの文字による対話の軌跡がまた、いい!
話のなかで齋藤さんが「『迂回路』っていうこと、今はどんなふうにとらえてますか?立ち上げのときと、今、ちがいはありますか?」と尋ねられたところから、ぐっと話が深まっていきました。容易にマニュアル化できないような「もやもや」した思いや場のありよう、そのユニークな個別性と、個性を育む土壌のなかにある、共通性。昨年出会ってきた人々や場をひとつひとつ思い浮かべながら、それらを切り/結ぶ糸をゆっくりとたぐっていきたいと思いました。

ipp

二つ目は、NPO法人の年次総会。
特定非営利活動法人多様性と境界に関する対話と表現の研究所(やっぱり長いですね)は、6月19日で、法人設立1周年を迎えます! そこで、理事の皆さまに事務所へお越しいただき、法人の年次総会を開催しました。
理事の方々からは、diver-sionのこれまでと今後について、様々な質問やコメント、ご提案をいただき、充実した時間になりました。おだやかな語り口で的確な助言をくださる姿は、心強い「賢者」さながら。今年は、そんな理事の皆さまのご紹介もどんどんしていきたいと思っていますので、お楽しみに!
ここでも話題になったのは、「迂回路」という言葉で、どんなことをしてきたのか? これからしていきたいのか? という問い。たんに何かの現場を調査して報告するような「研究」ではなく、たんに誰かの表現を作品として展示するような「アート」でもない、研究という枠組みを用いることで、出会うことのなかった人たちが出会う場を創る、いわば表現活動としての「対話」の試み…。どこへ向かうのか分からない旅ですが、とにかく進んで、いろんな人と探っていきたいです。

というわけで、1年という月日が巡り、あらためてスタート地点に立って思う、「対話」の可能性と境界。今週、6月18日(木)の「もやもやフィールドワーク報告と対話編・第7回」は、「対話は可能か?」がテーマです。ぜひお越しください。