多様性と境界に関する対話と表現の研究所

アートカウンシル東京

本サイトがオープンしました

2014年07月01日

東京迂回路研究

平成26年度東京アートポイント計画新事業「東京迂回路研究」はじまります!

■「東京迂回路研究」とは
東京アートポイント計画の一環として平成26年度より実施。
社会における人々の「多様性」と「境界」に関する諸問題に対し、調査・研究・対話を通じて“生き抜くための技法”としての「迂回路」を探求します。障害、ケア、労働、住処、ジェンダーやセクシュアリティ、国籍――様々な背景、その境界線を揺れ動く人々とアートの関係性を探り、ひいてはアートそのものの境界に迫ります。
www.diver-sion.org

Ø2014年度主なプログラム(予定):
・もやもやフィールドワーク 調査編/報告と対話編
・トークシリーズ「迂回路をさぐる」
・シンポジウム(タイトル未定)

■「東京アートポイント計画」とは
地域・市民が参画するアートプロジェクトを通じて東京の多様な魅力を創造・発信することを目指し、「東京文化発信プロジェクト」の一環として東京都と公益財団法人東京都歴史文化財団が展開している事業です。www.bh-project.jp